学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目(1)医科学専攻修士課程 > 環境医科学群 環境感染学

講義科目(1)医科学専攻修士課程

学群名:環境医科学群

科目名:環境感染学

英文名
Environmental Infectious Diseases
科目概要
修士課程 環境医科学群 2単位
開講期
2022年度以降開講予定
科目責任者
林 俊治
担当者
林 俊治・武 晃・阪口義彦
授業の目的
人類と感染症の戦いの歴史を学び、人類がどのようにして様々な感染症を克服してきたのかを学ぶ。この学習を通じて、感染症を制御するための方法論を身につける。さらに、いまだに克服されていない感染症を制御するための方法を考察する。
教育内容
各回の講義で、1つの感染症をテーマにして、先人たちがその感染症をどのように克服していったかを歴史物語風に解説する。さらに、この物語で学んだ内容を基に、感染症を克服するための方法論について、教員と学生で議論する。
教育方法
パワーポイントを用いて講義を行った後、講義内容についての議論を教員と学生の間で行い、理解を深める。講義中に解決できなかった問題に関しては、メール等を用いて議論・回答することでフィードバックを行う。レポートについても、教員からのコメントをつけた形で返却することでフィードバックを行う。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
人類と感染症の戦い
人類の歴史と感染症の関わりを学ぶ。
林 俊治
2
ジェンナー vs 天然痘
天然痘克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
3
スノウ vs コレラ
コレラ克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
4
パスツールとコッホの登場
感染症が微生物によって起こることがわかった経緯を学ぶ。
林 俊治
5
ゼンメルワイスとリスター vs 術後感染
術後感染克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
6
コッホ vs 結核
結核克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
7
パスツール vs 狂犬病
狂犬病克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
8
北里柴三郎 vs 破傷風
破傷風克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
9
ロスとグラッシ vs マラリア
マラリア克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
10
ロックフェラーの研究者たち vs 黄熱
黄熱克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
11
ソークとセービン vs ポリオ
ポリオ克服の歴史を学ぶ。
林 俊治
12
環境微生物の分離(1)
環境から微生物を分離する方法を学ぶ。
武 晃
13
環境微生物の分離(2)
環境から微生物を分離する方法を学ぶ。
武 晃
14
クロストリジウム属菌の病原性メカニズムを探る(1)
クロストリジウム属菌の病原性メカニズムを学ぶ。
阪口義彦
15
クロストリジウム属菌の病原性メカニズムを探る(2)
クロストリジウム属菌の病原性メカニズムを学ぶ。
阪口義彦
到達目標
人類がどのようにして様々な感染症を克服していったのかを学び、いまだ克服されていない感染症に対してどのような研究や対策が必要であるかを議論する。
評価方法
レポートの内容(50%)および講義中に行う議論での発言内容(50%)の合計によって評価する。
準備学習
(予習・復習等)
予習の必要はない。しかし、感染症に関する文庫・新書・コミックスが多数刊行されており、普段からそれらの本を読むことをお勧めする。特に北里柴三郎先生の伝記を読むことをお勧めする。また、普段から感染症に関する報道に留意することを求める。講義の終了後には必ず復習を行うこと。講義を行った日のうちに復習を行うことが望ましい。復習の総時間は60時間以上とする。
その他注意等
全ての講義への出席を望むが、やむを得ず欠席する場合はメールなどで担当者に連絡すること。講義の中で議論を行うので、積極的な発言を望む。また、学生から要望があれば、首都圏感染症ツアー(北里研究所、東大医科学研究所、国立感染症研究所、目黒寄生虫館などの見学)を行う。
教科書
教科書は指定しない。
参考書
微生物の狩人 上・下(岩波文庫)