学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目(2)医学専攻博士課程 > 分子病態学群 分子血液学

講義科目(2)医学専攻博士課程

学群名:分子病態学群

科目名:分子血液学

英文名
Molecular Hematology
科目概要
博士課程 分子病態学群 2単位
開講期
2022年度以降開講予定
科目責任者
堀江良一
担当者
堀江良一・佐藤隆司
授業の目的
血液学では基礎研究の成果が効果的に臨床に応用されている領域の一つである。血液疾患の分子病態の理解を通して、それにもとづいたさらなる病態解明と検査診断・治療法向上を視野に置いた研究を遂行できる人材を育成する。
教育内容
血液学に関する論文の読み方、発表について学ぶ。論文に関連した疾患についても併せて学ぶ。
教育方法
血液学に関係する論文を抄読会形式で発表し、明らかになった病態をもとにどのような臨床への貢献が可能であるかについて討論形式で学んでいく。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
受講にあたってのガイダンス
今後の進め方
堀江良一
2
血液学関連研究①
受講生による血液学関連論文紹介
堀江良一
3
血液学関連研究②
受講生による血液学関連論文紹介
堀江良一
4
血液学関連研究③
受講生による血液学関連論文紹介
堀江良一
5
血液学関連研究④
受講生による血液学関連論文紹介
堀江良一
6
血液学関連研究⑤
受講生による血液学関連論文紹介
堀江良一
7
血液学関連研究⑥
受講生による血液学関連論文紹介
堀江良一
8
まとめ
総括
堀江良一
9
血小板減少症について
受講生による血液学関連論文紹介
佐藤隆司
10
血小板減少症における臨床検査法
受講生による血液学関連論文紹介
佐藤隆司
11
血小板減少症の病態解析①
受講生による血液学関連論文紹介
佐藤隆司
12
血小板減少症の病態解析②
受講生による血液学関連論文紹介
佐藤隆司
13
血小板減少症の病態解析③
受講生による血液学関連論文紹介
佐藤隆司
14
血小板減少症の病態解析④
受講生による血液学関連論文紹介
佐藤隆司
15
血小板減少症の病態解析⑤
受講生による血液学関連論文紹介
佐藤隆司
到達目標
血液検査診断・治療法の発展、分子病理解析、臨床医学における基礎研究の意義などについて知識を深めると同時に具体的に理解し、説明できる。
評価方法
講義への出席(40%)及び発表内容(30%)、質疑応答への積極的な参加(30%)を総合して評価する。
準備学習
(予習・復習等)
血液学関連、主にシグナル伝達、転写因子、腫瘍、急性白血病、血小板減少症等をキーワードとした関連の論文を読んでおくことが望ましい。授業時間外の学習時間:60時間
その他注意等
血液学関連論文紹介は2-7回は血液系腫瘍について、9-15回は血小板、凝固系について行う。
教科書
特になし。
参考書
がん生物学イラストレイテッド(羊土社)、転写制御とエピジェネティクス(南山堂)、シグナル伝達イラストマップ(羊土社)