学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目(2)医学専攻博士課程 > 分子病態学群 分子細胞神経生物学

講義科目(2)医学専攻博士課程

学群名:分子病態学群

科目名:分子細胞神経生物学

英文名
Molecular and Cellular Neurobiology
科目概要
博士課程 分子病態学群 2単位
開講期
2021年度 前期
科目責任者
萬代研二
担当者
萬代研二・板倉 誠・岡田大助・山森早織
授業の目的
脳は生体内で最も構造が複雑な臓器で、ヒトをヒトたらしめる高次神経機能、感覚、運動などの中枢として機能する。近年、生命科学研究領域の革新的技術開発が相次ぎ、神経系の構造や機能に関する理解は飛躍的に進みつつある。本科目では最新の神経生物学研究を題材に、神経系がどのように形成されて機能しているか、精神疾患がどのような機構で発症するかを学び、考える。
教育内容
神経生物学の、細胞および分子レベルの知見について学び、考える場を提供する。
教育方法
スライドを使った座学、ならびに課題についてのプレゼンテーションと討論
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
神経生物学入門
神経生物学研究の概要と歴史
萬代研二
2
神経系の構築
神経系の構築とその解析方法
萬代研二
3
神経細胞内のシグナル伝達
神経細胞の機能的特徴からBMIまで
岡田大助
4
シナプス
シナプスの構造、形成、機能と最近の研究
丸尾知彦
5
体性感覚
体性感覚神経およびその発生と最近の研究
萬代研二
6
神経回路形成
神経系の発生と回路形成
萬代研二
7
最新の研究
神経回路とシナプスの形成機構
萬代研二
8
学習、記憶、シナプス可塑性1
学習、記憶の原理とシナプス可塑性
岡田大助
9
学習、記憶、シナプス可塑性2
最近の研究の紹介
丸尾知彦
10
脳の疾患
代表的な精神・神経疾患について
萬代研二
11
神経生物学の研究手法1
遺伝学的解析と最近の研究
萬代研二
12
神経生物学の研究手法2
タンパク質化学的解析と最近の研究
板倉 誠
13
神経生物学の研究手法3
組織学的解析と最近の研究
山森早織
14
神経生物学の研究手法4
顕微鏡的解析と最近の研究
岡田大助
15
総合討論
課題の発表と討論
萬代研二
到達目標
神経組織の構造と機能、研究手法の原理を理解し、自分の言葉で他の学生にもわかりやすく説明できるようになること。神経生物学の学術論文を読み、その内容を発表できるようになること。
評価方法
課題の発表と授業への積極的な参加によって評価する(100%)。
準備学習
(予習・復習等)
授業内容について参考書や文献を読んで予習・復習することが望まれる。予習・復習と発表の準備に合計60時間以上の学修時間を要する。
その他注意等
特になし
教科書
指定なし
参考書
カンデル神経科学(出版社:MEDSi)、スタンフォード神経生物学(出版社:MEDSi)