学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目(2)医学専攻博士課程 > 生体機能医科学群 臨床免疫学

講義科目(2)医学専攻博士課程

学群名:生体機能医科学群

科目名:臨床免疫学

英文名
Clinical Immunogy
科目概要
博士課程 生体機能医科学群 2単位
開講期
2022年度以降開講予定
科目責任者
川村俊彦
担当者
川村俊彦
授業の目的
免疫系は自己と非自己を見分け、感染症をはじめとする様々な病気から我々を防御する。免疫学に関する基礎的な知識を身に付け、それが疾患とどのように関係するかを学ぶ。免疫学に関する知識を得るのみならず、英文読解力の養成やプレゼンテーション能力を養うことも目的とする。
教育内容
免疫系は自然免疫と獲得免疫に大別される。それぞれの特徴を理解し、免疫反応の全体像をとらえる。さらに、免疫反応に起因する状態・病態(感染症・アレルギー・自己免疫疾患・免疫不全・腫瘍免疫・臓器移植・予防接種など)を理解する。資料としては、最新の論文・総説・教科書(いずれも英文で書かれたもの)を用いる。
教育方法
一方通行の講義形式ではなく、履修者が主体となり、免疫学の代表的な教科書、総説、論文(いずれも英文)を使用し、それらを読みこなし、理解した内容をプレゼンテーションしてもらう。プレゼンテーションは、Zoom によるWeb会議の形式で行う。各項目ごとに最低1名に発表を行ってもらう。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
オリエンテーション
授業の進め方について説明する。
川村俊彦
2
免疫系の細胞、組織、器官
「免疫系の細胞、組織、器官」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
3
B細胞と抗体
「B細胞と抗体」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
4
T細胞とT細胞レセプター
「T細胞とT細胞レセプター」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
5
MHCと抗原提示
「MHCと抗原提示」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
6
自然免疫
「自然免疫」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
7
獲得免疫
「獲得免疫」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
8
免疫応答の制御
「免疫応答の制御」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
9
感染免疫1(細菌感染)
「感染免疫(細菌感染)」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
10
感染免疫2(ウイルス感染)
「感染免疫(ウイルス感染)」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
11
免疫不全
「免疫不全」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
12
がん免疫
「がん免疫」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
13
臓器移植
「臓器移植」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
14
自己免疫疾患
「自己免疫疾患」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
15
アレルギー
「アレルギー」に関して、最新の論文から学ぶ。
川村俊彦
到達目標
免疫学に関する英語論文を読みこなし、理解した内容を他人に分かりやすく説明できる。
評価方法
英文論文の内容を理解できているかどうかを、口頭試問によって評価する。また、プレゼンテーションの内容を参加者同士で評価しあう。口頭試問(30%)、プレゼンテーション(30%)、出席状況(30%)、その他(10%)。
準備学習
(予習・復習等)
各履修者には、担当してもらう論文のPDFを予めe-mail で送信するので、それを読み、その内容をパワーポイント等のプレゼンテーションソフトで作成する。
授業外の学習時間:60時間とする
その他注意等
新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、対面授業ではなく遠隔授業を行う。履修者の通信環境等などにより、Zoomが使用できない場合などは、代わりに与えられた論文についてのレポート提出してもらう場合もある。
教科書
なし
参考書
「リッピンコットシリーズ イラストレイテッド免疫学」原書2版 矢田純一/高橋秀実 監訳(丸善出版)