学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目(2)医学専攻博士課程 > 生体機能医科学群 脳機能科学

講義科目(2)医学専攻博士課程

学群名:生体機能医科学群

科目名:脳機能科学

英文名
Brain Science
科目概要
博士課程 生体機能医科学群 2単位
開講期
2021年度 後期
科目責任者
石橋 仁
担当者
石橋 仁・緒形雅則・江藤 圭
授業の目的
脳の機能発達はきわめてゆっくり進み、脳の機能は生後の経験によって大きく依存する。脳を理解するには、個々の神経細胞の性質や、神経細胞間の情報連絡の場であるシナプスの特性に加えて、それらが形成する神経回路の働きを総合的に理解することが重要になる。本講義では、さまざまな手法を用いて研究された脳機能に関する成果を紹介することで、神経系の機能発現の基本を理解するとともに、脳機能解析のための考え方を身につけることを目標とする。
教育内容
脳機能に関する基礎と応用を学ぶ
教育方法
脳機能に関する研究手法や研究成果を紹介し、それらの問題点や解決方法について授業を展開する。対面講義とオンデマンド方式のオンライン講義を合わせて行う。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
最新の脳機能研究法とその原理(1)
脳機能研究に利用されている生体機能測定法の特徴や原理について学ぶ。
石橋 仁
2
最新の脳機能研究法とその原理(2)
脳機能研究に利用されている電気生理学的手法を用いた研究について学ぶ。
石橋 仁
(オンデマンド)
3
最新の脳機能研究法とその原理(3)
蛍光色素や蛍光タンパク質を用いた脳機能研究法について学ぶ
江藤 圭
(オンデマンド)
4
最新の脳機能研究法とその原理(4)
人工的化合物や光を利用した脳機能研究法について学ぶ
江藤 圭
(オンデマンド)
5
最新の脳機能研究法とその原理(5)
実験動物の行動とその解析法について学ぶ(1)
緒形雅則
(オンデマンド)
6
最新の脳機能研究法とその原理(6)
実験動物の行動とその解析法について学ぶ(2)
緒形雅則
(オンデマンド)
7
細胞間情報伝達(1)
グルタミン酸による情報伝達について学ぶ。
石橋 仁
(オンデマンド)
8
細胞間情報伝達(2)
GABAやグリシンによる情報伝達について学ぶ。
石橋 仁
(オンデマンド)
9
体性感覚機能の仕組み(1)
皮膚感覚や深部感覚について学ぶ
江藤 圭
(オンデマンド)
10
体性感覚機能の仕組み(2)
侵害受容器や温度感覚について学ぶ
江藤 圭
(オンデマンド)
11
脳と行動(1)
脳機能と行動について学ぶ
緒形雅則
(オンデマンド)
12
脳と行動(2)
ドーパミン不足により生じる行動変化について学ぶ
緒形雅則
(オンデマンド)
13
興奮性シナプスの長期増強について学ぶ
海馬における長期増強について学ぶ
石橋 仁
(オンデマンド)
14
興奮性シナプスの長期抑制について学ぶ
小脳における長期抑制について学ぶ
石橋 仁
(オンデマンド)
15
抑制性シナプスに影響を与える因子について学ぶ
神経細胞に発現するカリウムクロライド共輸送体(KCC2)の機能と抑制性シナプスの機能について学ぶ
石橋 仁
(オンデマンド)
到達目標
現代の脳機能科学研究の潮流を理解する。
評価方法
講義中の質疑応答(5%)、課題(80%)およびレポート(15%)をもって総合的に評価する。
準備学習
(予習・復習等)
あらかじめ毎回の講義に関連する参考書や文献などを読んで概要を把握する。講義後は復習を行うこと。講義時間外に必要な学習時間は60時間である。
その他注意等
オンデマンド方式の授業では、Google Classroomを利用して動画配信と課題の提示を行うので、
mm*****@st.kitasato-u.ac.jpの学生メールを利用できるように、メールアドレスとパスワードを確認しておくこと。初回連絡は学生メールに通知する。
教科書
なし
参考書
Principles of Neural Science, Fifth Edition (Principles of Neural Science (Kandel)) (英語) ハードカバー – 2012/10/26
Eric Kandel (著), James Schwartz (著), Thomas Jessell (著), Steven Siegelbaum (著)