学修要項(シラバス)

講義科目(2)医学専攻博士課程

学群名:医療工学群

科目名:臨床工学

英文名
Clinical Engineering
科目概要
博士課程 医療工学群 2単位
開講期
2022年度以降開講予定
科目責任者
久保田勝
担当者
久保田勝・小久保謙一・小林こず恵
授業の目的
医療機器の進歩は著しく、人口臓器や再生医療にまで臨床工学の関連分野は広がっている。臨床分野でのニーズの提起ができ、実用化可能な医療機器や技術を倫理・安全面の重要性を理解しながら研究開発できる独創的な人材の育成を教育目標とする。
教育内容
生体と医療機器との相互作用を理解し、医療機器に用いられている技術、機器開発に必要な要素技術について紹介することで、新しい技術や医療機器の開発法を具体的に学ぶ。
教育方法
パワーポイントや配布資料を用いてZoomを使用した双方向型のオンラインライブ講義を行う。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
人工臓器概論(1)
人工臓器についての理解
久保田勝
2
人工臓器概論(2)
人工臓器についての理解
久保田勝
3
医療機器開発に必要な要素技術(1)
医療機器に用いられている技術、機器開発に必要な要素技術について紹介する。
小久保謙一
4
医療機器開発に必要な要素技術(2)
医療機器に用いられている技術、機器開発に必要な要素技術について紹介する。
小久保謙一
5
生体と医療機器の相互作用(1)
生体と医療機器の相互作用の理解
久保田勝
6
生体と医療機器の相互作用(2)
生体と医療機器の相互作用の理解
久保田勝
7
医療機器開発に必要な要素技術(3)
医療機器に用いられている技術、機器開発に必要な要素技術について紹介する。
小久保謙一
8
医療機器開発に必要な要素技術(4)
医療機器に用いられている技術、機器開発に必要な要素技術について紹介する。
小久保謙一
9
バイオミメティックな人工臓器の開発(1)
バイオミメティックな手法による医療機器開発について概説する。
小久保謙一
10
バイオミメティックな人工臓器の開発(2)
バイオミメティックな手法による医療機器開発について概説する。
小久保謙一
11
研究紹介(1)
最近の研究について紹介する。
久保田勝
12
研究紹介(2)
最近の研究について紹介する。
小久保謙一
13
研究紹介(3)
最近の研究について紹介する。
小林こず恵
14
再生医療への応用(1)
再生医療についての理解
小林こず恵
15
再生医療への応用(2)
再生医療についての理解
小林こず恵
到達目標
機器と人体との相互作用を理解する。講義、研究紹介などを通じて、具体的に問題解決能力と総合力を養っていく。
評価方法
毎回の講義レポート。レポートでは専攻分野における英語論文を読んで理解し、その内容を自らの研究結果と照らし合わせて比較検討できることをもって評価する。
準備学習
(予習・復習等)
講義内容について、関連図書や文献について予習すること。自分の研究に応用できるよう復習を行う。
授業外学習時間:60時間
その他注意等
特になし
教科書
指定なし
参考書
指定なし