学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目 共通教育科目 > 医療人間科学 医療倫理学

講義科目 共通教育科目

学群名:医療人間科学

科目名:医療倫理学

英文名
Medical Ethics
科目概要
共通教育科目 2単位
開講期
2022年度以降開講予定
科目責任者
齋藤有紀子
担当者
齋藤有紀子
授業の目的
医療をとりまく法的・倫理的・社会心理的問題を通して、生命に向き合い、自らの言葉で考え、問題を抽出する力を養い、多様な価値観に耳を傾ける力を身につける。患者の人権を守り、高い倫理観をもって医療職の責務を全うすることの重みを理解する。
教育内容
医学・医療における倫理的問題について、具体的問題を取り上げながら講義と演習を行う。
教育方法
①Zoomを使用した双方向型のオンラインライブ講義および、オンラインディスカッション。上記に先立って映像資料を予習用にオンデマンドでアップすることもあります。                       ②次回の授業日に、前回授業のテーマレビューと、提出された小レポートに基づいたフィードバックコメントを行います。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
授業概要説明
授業の概要、進め方の説明
齋藤有紀子  (オンライン)
2
生命をめぐる倫理的ジレンマ
映像鑑賞とグループワーク
齋藤有紀子  (オンライン)
3
遺伝子医療・検査をめぐる倫理:講義
遺伝子医療・検査をめぐる倫理的問題の学習
齋藤有紀子  (オンライン)
4
遺伝子医療・検査をめぐる倫理:演習
映像鑑賞とグループワーク
齋藤有紀子  (オンライン)
5
人生の最終段階をめぐる倫理:講義
治療中止・差控えをめぐる倫理的問題の学習
齋藤有紀子  (オンライン)
6
人生の最終段階をめぐる倫理:演習
映像鑑賞とグループワーク
齋藤有紀子  (オンライン)
7
誕生をめぐる倫理:講義
出生前検査をめぐる倫理問題の学習
齋藤有紀子  (オンライン)
8
誕生をめぐる倫理:演習
映像鑑賞とグループワーク
齋藤有紀子  (オンライン)
9
健康をめぐる倫理:講義
健康・障害観をめぐる倫理問題の学習
齋藤有紀子  (オンライン)
10
健康をめぐる倫理:演習
映像鑑賞とグループワーク
齋藤有紀子  (オンライン)
11
再生医療をめぐる倫理:講義
再生医療・ゲノム編集等、先端医療をめぐる倫理問題の学習
齋藤有紀子  (オンライン)
12
再生医療をめぐる倫理:演習
映像鑑賞とグループワーク
齋藤有紀子  (オンライン)
13
セクシュアリティをめぐる倫理:講義
性・性別をめぐる倫理問題の学習
齋藤有紀子  (オンライン)
14
セクシュアリティをめぐる倫理:演習
映像鑑賞とグループワーク
齋藤有紀子  (オンライン)
15
まとめ
全体のまとめとふりかえり
齋藤有紀子  (オンライン)
到達目標
医学・医療における日常的な倫理問題を抽出することができる。
論点を考察し、自分の意見をまとめて伝えることができる。
価値観の異なる他者の意見に耳を傾けることができる。
社会的問題について、さまざまな視点で考えることの意義を理解する。
評価方法
1)授業・グループワークへの参加姿勢 50%
2)毎回の小レポート(講義内もしくは講義後に、メールで提出) 50%
準備学習
(予習・復習等)
毎回の講義の学習テーマ・論点の振り返りが、次の講義のテーマにつながるため、毎回の授業の「振り返り」が推奨される。予習・復習に必要な教材は、適宜、紹介する。授業時間外の学習時間:60時間。
その他注意等
オンライン授業はzoomを利用します。受講方法の詳細は開講日までに履修者にメールで通知します。講義項目の順序は変更することがあります。原則、全回出席できる人の受講を希望します。医事法学との並行履修も歓迎します。毎回スモールグループディスカッションを行う参加型授業のため、レポート等で出席の代わりにすることはできません。病欠・勤務・学会発表等、やむを得ない事情による遅刻・欠席は考慮しますので、事前に齋藤宛メールで連絡してください ys★med.kitasato-u.ac.jp(★を@に変更してください)。
教科書
指定なし
参考書
必要に応じて適宜紹介する