学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目 共通教育科目 > 医療人間科学 医療福祉学

講義科目 共通教育科目

学群名:医療人間科学

科目名:医療福祉学

英文名
Social Welfare in Health and Medicine
科目概要
共通教育科目 2単位
開講期
2022年度以降開講予定
科目責任者
堀越由紀子
担当者
堀越由紀子
授業の目的
本講義では、医学・保健医療と社会福祉との関連について「基盤となる考え方」「実践内容と実践方法・理論」「政策ならびに制度・システム」のそれぞれのレベルで考察していく。
教育内容
「医療福祉」は、学術分野として成立しているわけではないが、保健医療と社会福祉の二つの軸足(two-feet principle)に立脚することによって、傷病や健康課題を有する人々に、より包括的にアプローチしていこうとする実践であり学問である。本科目では、受講生のdisciplineや興味関心に沿いつつ、保健医療と社会福祉の体系を理解したうえで、事例(症例)を検討しながら、医療福祉の理論や方法について理解を深める。
教育方法
詳細未定
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
受講学生の研究テーマと医療福祉に対する関心領域の明確化
医療福祉の概念を解説する。各自の履修動機・目的をふまえて授業プランを立てる。
堀越由紀子
2
社会福祉と医学・保健医療の関連性の歴史的概観
医療福祉の展開について、歴史をもとに解説する。社会福祉の概念を整理する。
堀越由紀子
3
社会福祉の定義、具体的内容
日本と諸外国の社会保障・社会福祉制度の原理、原則と制度体系を比較検討する。
堀越由紀子
4
社会保障・社会福祉政策と制度体系Ⅰ
ソーシャルワークの系譜と体系、医療ソーシャルワークについて解説する。
堀越由紀子
5
社会保障・社会福祉政策と制度体系Ⅱ
事例を用いて、医療福祉の実際問題と対応を検討する。(高齢患者の居場所)
堀越由紀子
6
社会福祉方法論・理論Ⅰ
高齢者に対するソーシャルワーク、介護保険等政策と課題について解説する。
堀越由紀子
7
社会福祉方法論・理論Ⅱ
事例を用いて、医療福祉の実際問題と対応を検討する。(在宅ケア)
堀越由紀子
8
保健医療ソーシャルワークⅠ
在宅医療、在宅ケアにおけるソーシャルワーク、制度的課題について解説する。
堀越由紀子
9
保健医療ソーシャルワークⅡ
事例を用いて、医療福祉の実際問題と対応を検討する。(がん・難病と就労)
堀越由紀子
10
医療福祉の実際問題
治療と仕事の両立支援におけるソーシャルワーク、制度的課題について解説する。
堀越由紀子
11
医療福祉の実際問題
事例を用いて、医療福祉の実際問題と対応を検討する。(生活困窮者の医療)
堀越由紀子
12
医療福祉の実際問題
生活困窮者に対するソーシャルワークと医療制度の課題について解説する。
堀越由紀子
13
医療福祉の実際問題
事例を用いて、医療福祉の実際問題と対応を検討する。(子ども虐待、DV)
堀越由紀子
14
医療福祉の実際問題
児童、高齢者、障害者の各虐待防止法制度とソーシャルワークの課題を解説する。
堀越由紀子
15
評価
授業全体を振り返り、要点を解説する。
堀越由紀子
到達目標
社会福祉の思想、領域、制度の概要を理解した上で、医療と交流する場面における諸課題を考察することができる。
評価方法
評価は、授業へのコミットメント(小課題を含む)、学期末のショートレポートの総合評価とする。なお、欠席は減点対象とする。
準備学習
(予習・復習等)
自身の関心事に沿って、どのような社会福祉への問題関心を持っているのかを説明できるようにしておくこと。
授業外の学習時間:60時間
その他注意等
スケジュールについては、掲示にて確認のこと。
教科書
特になし
参考書
特になし