学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目 共通教育科目 > 医療人間科学 遺伝カウンセリング学

講義科目 共通教育科目

学群名:医療人間科学

科目名:遺伝カウンセリング学

英文名
Genetic Counseling
科目概要
共通教育科目(修士課程のみ)2単位
開講期
2021年度 通年
科目責任者
高田史男
担当者
高田史男
授業の目的
当教科は、遺伝子診断や遺伝子治療とともに遺伝医療の中核をなす遺伝カウンセリングについての基礎を学ぶ事を目標とする。実際の遺伝カウンセリングの実践には臨床遺伝学のみならず、医学、カウンセリング理論、臨床心理学、医療福祉学等多岐にわたる領域の修得が求められるので本教科だけで全てをカバーする事にはならない。その中心的基盤となる領域の講義を行う。
教育内容
認定遺伝カウンセリング養成プログラム所属の修士課程学生に対し,遺伝カウンセリングの概念,高度医療専門職としての遺伝カウンセラーの職務と概要,諸外国での同職普及の状況を初めとした現状,我が国の遺伝カウンセリング(認定遺伝カウンセラー)制度の進展の現状等の概論講義を行った後,具体的事例を挙げながら実践的遺伝カウンセリング教育を展開していく.教科書的知識の提供に留まらず,実際の現場では何が起きているのか,原則論では宰領しきれない矛盾や苦悩等,遺伝カウンセラーが現場で遭遇し且つ要求される多様なニードに応え得る為の基礎を培うべく講義を進める.
教育方法
予習した上で講義に出席するのに加え,復習を兼ねて課された課題を自己学習しレポートにして提出,さらに必要に応じフィードバック指導等を行う.
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
遺伝カウンセリング学序論
遺伝カウンセリングの概要
高田史男
2
遺伝医療に於ける遺伝カウンセリングの位置づけと役割
遺伝医療における遺伝カウンセリングの位置づけと役割
高田史男
3
臨床遺伝専門医制度と認定遺伝カウンセラー制度
遺伝医療の担い手としての専門職について
高田史男
4
常染色体優性遺伝性疾患の遺伝診療実践と遺伝カウンセリング
常染色体優性遺伝性疾患の遺伝医療
高田史男
5
常染色体劣性遺伝性疾患の遺伝診療実践と遺伝カウンセリング
常染色体劣性遺伝性疾患の遺伝医療
高田史男
6
X染色体劣性遺伝性疾患の遺伝診療実践と遺伝カウンセリング
X染色体劣性遺伝性疾患の遺伝医療
高田史男
7
ミトコンドリア遺伝性疾患の遺伝診療実践と遺伝カウンセリング
ミトコンドリア異常の遺伝医療
高田史男
8
染色体異常症の遺伝診療実践と遺伝カウンセリング
染色体異常の遺伝医療
高田史男
9
出生前診断・発症前診断と遺伝カウンセリング
周産期の遺伝医療
高田史男
10
エピジェネティクスと遺伝カウンセリング
エピジェネティック疾患の遺伝医療
高田史男
11
事例検討(1)
事例検討(1)
高田史男
12
事例検討(2)
事例検討(2)
高田史男
13
事例検討(3)
事例検討(3)
高田史男
14
事例検討(4)
事例検討(4)
高田史男
15
事例検討(5)
事例検討(5)
高田史男
到達目標
遺伝カウンセリングの基本概念、実践の基礎知識を身につける。
評価方法
レポートをもって評価する。レポートは講義終了後解説・評価する。
準備学習
(予習・復習等)
トンプソン&トンプソン 遺伝医学(日本語版)第1版,福嶋義光監訳,(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル(MEDSi),を読む。
授業外の学習時間:60時間とする
その他注意等
当科目は、(1)臨床遺伝医学特論 遺伝カウンセリング養成プログラムに所属し、かつ(2)既に臨床遺伝医学特論講義を受講していることを履修要件とする。
教科書
指定なし
参考書
指定なし