学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目(1)医科学専攻修士課程 > 分子病態学群 臨床遺伝医学

講義科目(1)医科学専攻修士課程

学群名:分子病態学群

科目名:臨床遺伝医学

英文名
Medical Genetics
科目概要
修士課程 分子病態学群 2単位
開講期
2022年度以降開講予定
科目責任者
高田史男
担当者
高田史男・福嶋義光・黒澤健司
授業の目的
臨床遺伝医学とはヒトの個体差を研究する学問の一分野である人類遺伝学を中心に、遺伝的背景を有する臨床課題に取り組む学問である。その守備範囲は最先端の基礎生命科学から臨床医学までの幅広い専門領域のみならず、生命倫理や保健福祉分野を含む医療社会学的領域までをも視野に入れるもので広範かつ多岐にわたる。平成14年度に開講された当科目は、一義的には遺伝医学領域に興味を持つ院生に対し基礎的人類遺伝学を講義の中心に据えながらも臨床の具体的話題も例示しつつ対話形式も取り入れた分かりやすい講義に努め、遺伝医療の一端を垣間見せるとともにその重要性の認識と理解を深めさせる事を目標とする。平成15年度以降はそれに加え、近年我が国でも必須の職種となりつつある遺伝医療分野の専門職「遺伝カウンセラー」を育成する本邦初の認定大学院修士課程遺伝カウンセリング養成プログラムを立ち上げ、我が国の臨床遺伝医学の中心的礎となる専門学府の一つに育て上げる事を中長期的目標に掲げているが、当科目はその必須科目も兼ねている。
教育内容
単なる知識の提供ではなく,ケーススタディを題材に,臨床現場のシミュレーションを通して疑似体験しながら院生自らも思考しつつ,それらに関連する領域から拡がる臨床遺伝医学の基礎を学修する.
教育方法
基本的には座学の講義形式だが,ビデオ教材を供覧して意見を出し合うなどの双方向的学習も行う.
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
臨床遺伝医学序論
オリエンテーション・臨床遺伝に必要な基礎人類遺伝学
高田史男
2
臨床遺伝医学概論(1)
臨床遺伝に必要な基礎人類遺伝学
高田史男
3
臨床遺伝医学概論(2)
臨床遺伝に必要な人類遺伝学
高田史男
4
臨床遺伝医学各論(1)
遺伝医療・遺伝学的検査
高田史男
5
臨床遺伝医学各論(2)
遺伝医療・遺伝カウンセリング
高田史男
6
臨床遺伝医学実践論(1)
ケーススタディ1
高田史男
7
臨床遺伝医学実践論(2)
ケーススタディ1(続き)
高田史男
8
臨床遺伝医学実践論(3)
ケーススタディ2
高田史男
9
臨床遺伝医学実践論(4)
ケーススタディ2(続き)
高田史男
10
遺伝医療政策学(1)
遺伝医学の進歩と遺伝診療
高田史男
11
遺伝医療政策学(2)
技術革新と遺伝医療の実装
高田史男
12
臨床遺伝医学特別講義(1)
Dysmorphology
黒澤健司
13
臨床遺伝医学特別講義(2)
次世代シークエンサーと臨床診断
黒澤健司
14
臨床遺伝医学特別講義(3)
遺伝子・健康・社会
福嶋義光
15
臨床遺伝医学特別講義(4)
遺伝子・健康・社会
福嶋義光
到達目標
臨床遺伝医学の基礎を幅広く理解する。
評価方法
学修態度、出席状況,およびレポート等をもって総合的に評価する。
準備学習
(予習・復習等)
推薦教科書を読む。授業外学習時間:60時間
その他注意等
受講登録希望者は初回オリエンテーション時にスケジュール等について話すので、「絶対に必ず」第1回目の講義に出席する事、どうしても不可能な場合は、「『第1回の前日までに必ず』教官と連絡を取る事。 連絡先:idenigak@kitasato-u.ac.jp
教科書
コアカリ準拠 臨床遺伝学テキストノート,日本人類遺伝学会編集,株式会社 診断と治療社,東京,2018.
参考書
トンプソン&トンプソン 遺伝医学 第2版,福嶋義光監訳,(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル(MEDSi),東京,2017.