学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 講義科目(1)医科学専攻修士課程 > 生体構造医科学群 応用腫瘍病理学

講義科目(1)医科学専攻修士課程

学群名:生体構造医科学群

科目名:応用腫瘍病理学

英文名
Applied Tumor Pathology
科目概要
修士課程 生体構造医科学群 2単位
開講期
2021年度 前期
科目責任者
長塩 亮
担当者
古田玲子・長塩 亮・土屋紅緒・西村由香里・阿部直也・朽津有紀・今井基貴
授業の目的
本科目では、腫瘍マーカーの獲得法とその有用性を検討するため、腫瘍の形態と機能を1:1の対応で解析可能な分子病理学的、組織化学的、そして様々なプロテオーム解析法を理解し、自分の研究に生かせる能力を身につけることを目的とする。
教育内容
腫瘍の形態学的研究に用いる組織・細胞の固定から分子病理学的手法やプロテオーム解析法など各種検索方法について担当教員や最新の研究報告を提示しながら講義を展開する。
教育方法
パワーポイントを用いた対面の講義を基本とするが、ZOOMでのオンライン講義となる可能性有り。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
病理組織や血清を用いた癌の診断マーカー探索法①
二次元電気泳動法などのプロテオミクスを用いた診断マーカー探索法を理解する。
長塩 亮
2
病理組織や血清を用いた癌の診断マーカー探索法②
癌細胞を免疫源とするランダム免疫法を用いた診断マーカー探索法について理解する。
長塩 亮
3
腫瘍の細胞診の基礎(基本編)
細胞診の基本事項と検査の実際について学ぶ。
阿部直也
4
病理組織・細胞診とAI
病理組織・細胞診におけるAIの活用方法と現状について学ぶ。
阿部直也
5
腫瘍の細胞診の基礎(応用編)
細胞診検体を用いた応用技術について学ぶ。
西村由香里
6
乳腺の細胞診
乳癌の基礎と免疫組織化学的手法への応用について学ぶ。
西村由香里
7
婦人科がんの腫瘍病理学
子宮頸癌、体癌の診断、治療に関わる分子病理学的、組織化学的検査について学ぶ。
古田玲子
8
頭頸部がんの腫瘍病理学
頭頸部がんのHPV関連癌と非関連癌を分けるための分子病理学的、組織化学的検査法と臨床的な意義について学ぶ。
古田玲子
9
組織化学的手法の基礎
免疫組織化学ならびに遺伝子の染色法について原理を理解し、染色結果の解釈とトラブルシューティングについて学ぶ。
土屋紅緒
10
組織化学的手法の応用
肺癌研究のトピックスの中から、組織化学的染色を応用した研究手法の実際について学ぶ。
土屋紅緒
11
腫瘍マーカーの検索について①
患者血清中の自己抗体を用いた腫瘍マーカーの検索法を学ぶ。
朽津有紀
12
腫瘍マーカーの探索について②
免疫染色法やRPPA法による腫瘍マーカー候補タンパク質の評価について学ぶ。
朽津有紀
13
未定
未定
今井基貴
14
未定
未定
今井基貴
15
病理組織や血清を用いた癌の診断マーカー探索法③
全体のまとめ
DNAメチル化状態を指標とした発癌リスク評価について理解する。
長塩 亮
到達目標
腫瘍の形態と機能の対応に必要となる分子病理学的、組織化学的、そして、様々なプロテオーム解析法等を理解し、自分の研究に応用出来る基礎的知識を習得する。
評価方法
レポートが50%、平常点を50%で評価する。
レポートは全講義の中から2つを選択し、その講義内容に沿って自分の考えをレポートとしてまとめる。提出されたレポートについては最終講義で全体に対するフィードバックを行う。講義への積極的な参加と質疑応答等を総合して平常点として評価する。
準備学習
(予習・復習等)
授業時間外の学習時間:60時間
講義テーマ、内容について、大学時の教科書、解説書や専門書等を用いて予習を行うこと。
その他注意等
特になし
教科書
必要な資料は配付する
参考書
特になし