学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > (10)医学物理士養成コース >  放射線臨床実習(がん診断)

(10)医学物理士養成コース

 

科目名:放射線臨床実習(がん診断)

英文名
Radiologic clinical training (cancer diagnosis)
科目概要
修士課程 医学物理士養成コース 2単位
開講期
2021年度 通年
科目責任者
五味 勉
担当者
五味 勉・原 秀剛・渡邉祐介・我妻 慧
授業の目的
がん診断に必要な画像診断技術を実践形式によって習得し、患者接遇を通して医療技術者のスペシャリストを養成することを目標とする。
教育内容
一般X線撮影(乳腺撮影を含む)、造影撮影、X線CT、MRIイメージングに関して、学内実習で養った基礎概念・知識を糧に主にファントムを使用した応用的な実習を行う。実習を行うモダリティについては、診断の中から一つを選択し、実習テーマと実験プランを立案後、学内外(学外は北里大学病院のみ)の装置を使用して実習を行う。実習は主に臨床における装置管理のノウハウを修得するための内容とする。
教育方法
本院および学内の医用診断機器を使用して、各自で設定したテーマに沿って実験を行う。まとめはレポートを作成して提出する。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
実習ガイダンス
実習全体の概要の説明を行う。
五味 勉
2
実習ガイダンス
実習全体の概要の説明を行う。
五味 勉
3
乳腺撮影の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
4
乳腺撮影の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
5
MRI撮像の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
6
MRI撮像の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
7
MRI撮像の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
8
CT撮像の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
9
CT撮像の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
10
CT撮像の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
11
血管撮影の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
12
血管撮影の基礎実習
装置および画像の基本特性を把握する。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
13
臨床実習ガイダンス
臨床実習の概要について説明を行う。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
14
臨床実習ガイダンス
臨床実習の概要について説明を行う。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
15
乳腺撮影の実践
臨床画像の読影、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
16
乳腺撮影の実践
臨床画像の読影、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
17
CT撮像の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
18
CT撮像の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
19
CT撮像の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
20
MRI撮像の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
21
MRI撮像の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
22
MRI撮像の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
23
血管撮影の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
24
血管撮影の実践
臨床画像の読影、三次元画像の構築の実践、高度な臨床撮影技術の習得。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
25
非電離放射線による画像形成技術の習得(基礎編)
非電離放射線による画像形成技術の習得法を学ぶ。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
26
非電離放射線による画像形成技術の習得(基礎編)
非電離放射線による画像形成技術の習得法を学ぶ。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
27
非電離放射線による画像形成技術の習得(実践編)
非電離放射線による画像形成技術の習得法を学ぶ。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
28
非電離放射線による画像形成技術の習得(実践編)
非電離放射線による画像形成技術の習得法を学ぶ。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
29
最新の画像再構成(形成)法の習得
最新の画像再構成(形成)法について学ぶ。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
30
最新の画像再構成(形成)法の習得
最新の画像再構成(形成)法について学ぶ。
五味 勉
原 秀剛
渡邉祐介
我妻 慧
到達目標
がん診断に必要な画像診断技術を選定し、臨床において専門的な撮影(像)技術および基本的な画像特性(画像処理法も含む)を習得する。
評価方法
評価は実習の最後に提出する実習レポ-トの内容で判定する(100%)。なお、欠席は減点対象とする。
準備学習
(予習・復習等)
診断領域から一つのモダリティを選択し、そのモダリティを使用した実習を行うこととする(モダリティの選択、具体的な実習計画についてはガイダンス時に相談して決定する)。診療放射線機器の原理、画像再構成法、画質特性等を予習しておくこと。
その他注意等
実習は大学病院および連携病院の専門医と診療放射線技師の指導による。9月から12月上旬にかけて学部の臨床実習が予定されているため、この期間は実習の対象外とする。
教科書
なし
参考書
なし