学修要項(シラバス)

(12)がん個別化医療専門医養成コース

 

科目名:基礎腫瘍学

英文名
Multidisciplinary cancer treatment: specialist training course
科目概要
博士課程 がん個別化医療専門医養成コース 1単位
開講期
2021年度 通年
科目責任者
佐々木治一郎
担当者
e-learning分担講師
授業の目的
がん治療の専門家として、悪性腫瘍の基礎的事項を理解して、説明できるようにする。がんに関する病理学、薬理学、免疫学、公衆衛生学、医療情報学、生命倫理学を広く理解し、がん患者の病態の把握、治療の選択、がん患者への適切な対応を行うための素地を養う。
教育内容
悪性腫瘍の病理、悪性腫瘍の疫学、がん治療薬の臨床薬理、腫瘍免疫、臨床研究・臨床試験、がん医療および終末期医療に関わる倫理
教育方法
がんプロフェッショナル養成プラン(筑波大学)が主幹する「全国がんプロe-learningクラウド」システムを利用し、VOD形式のe-learningで講義を行う。北里大学だけでなく、共通の単元に収録されている全国各大学の講義をジュークボックス方式で聴講ができるシステムとなっている。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
臨床研究、臨床試験のタイプ
観察研究、臨床研究、特定臨床研究の違いを説明できるようにする。がん治療に必須の臨床試験の目的や種類について理解する。
がんプロ
e-learning
分担講師
2
臨床第1相試験、第2相試験
臨床試験のうち、がん治療の開発の初期段階において必須である第1相試験、第2相試験の目的、方法について学び、その結果を解釈できるようにする。
がんプロ
e-learning
分担講師
3
臨床第3相試験、メタ解析
臨床試験のうち、がん治療の標準化において必須である、第3相試験、メタ解析の目的、方法について学び、その結果を解釈できるようにする。
がんプロ
e-learning
分担講師
4
医療倫理に関わる規約、法律、ガイドライン
がん医療における法的倫理的課題について理解する。人を対象とする医学系研究に関する倫理指針や臨床研究法など、がん診療やがん研究に関係する倫理について理解する。
がんプロ
e-learning
分担講師
5
生命維持と法的規制
がん医療でもしばしば問題となる積極的治療の中断や延命措置の希望の確認など、生命維持と法的規則について理解する。
がんプロ
e-learning
分担講師
6
腫瘍免疫学
がんの免疫学の現況を理解し、その臨床的応用の限界と可能性を把握する。
がんプロ
e-learning
分担講師
7
腫瘍病理学
腫瘍の病理学的な形態所見を基本に、組織・細胞・分子レベルでの、がんの特徴を整理して、悪性腫瘍の概念を理解する。
がんプロ
e-learning
分担講師
8
悪性腫瘍の疫学
がん登録に基づくがんの疫学を学び、発がんやがん死亡にかかわる寄与因子を理解する
がんプロ
e-learning
分担講師
9
がんと薬理学
がんの薬物療法の基礎となる薬理作用を理解し、抗がん剤の効用と副作用を理論的に説明できるようにする。
がんプロ
e-learning
分担講師
到達目標
がん治療の専門家として、がんに関する病理学、薬理学、免疫学、公衆衛生学、医療情報学、生命倫理学、がん患者の病態の把握、治療の選択、がん患者への適切な対応を行うための知識を広く習得する。
評価方法
履修記録、小テストの点数の記録提出及び事務における履修記録照会により、講義受講と単位を認定する。
履修記録は所定様式に視聴した日にちを記入し、指定された期日までに提出すること。
【提出期日】2021年11月30日
準備学習
(予習・復習等)
講義については、全国がんプロe-learningクラウドシステムを利用する。授業外学習時間:30時間
その他注意等
あらかじめ指定した単元を当該システムで受講し、付属の小テストを受験する。詳細は別途配布する「受講案内」を必ず参照すること。
教科書
https://pj2.md.tsukuba.ac.jp/pj2/login.php
参考書
特になし