学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > (11)臨床心理学コース >  臨床心理学特論Ⅱ

(11)臨床心理学コース

 

科目名:臨床心理学特論Ⅱ

英文名
clinical psychology II
科目概要
修士課程 臨床心理学コース 2単位
開講期
2021年度 後期
科目責任者
岩滿優美
担当者
滝澤毅矢
授業の目的
主要な心理療法の理論と実践について理解するとともに、各心理療法の相違点について整理し、心理療法全体を総論的に捉えられるようになる。5領域(教育・医療・産業・福祉・司法)において、心理職の活動内容や協働する職種に関する知識を得る。また心理職としての倫理的配慮や自己研鑽について理解し、今後の臨床心理活動に活かす。
教育内容
心理職の実践の中で必要とされる心理療法および面接技法について基本的理論を学ぶ。さらにこれらの心理療法について相違点を解説し、実践と結びつけながら統合的な理解を深める。また心理職として働く上で重要な社会的責任、倫理的配慮、自己研鑽、セルフケアなどについても学ぶ。
教育方法
主に指定の教科書を用いて、各自の発表と講義形式ですすめる。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
問題に介入する(1)理論モデル
統合的視点、クライエント中心療法、精神分析などについて説明する
滝澤毅矢
2
問題に介入する(1)理論モデル
行動療法、認知行動療法、家族療法などについて説明する
滝澤毅矢
3
問題に介入する(1)理論モデル
ナラティヴ・セラピー、動作療法、内観療法などについて説明する
滝澤毅矢
4
問題に介入する(2)介入技法 ①個人
催眠療法、遊戯療法、箱庭療法、フォーカシングなどについて説明する
滝澤毅矢
5
問題に介入する(2)介入技法 ①個人
自律訓練法、暴露法、アサーション・トレーニングなどについて説明する
滝澤毅矢
6
問題に介入する(3)介入技法 ②集団・社会
集団療法、危機介入について説明する
滝澤毅矢
7
問題に介入する(3)介入技法 ②集団・社会
コンサルテーション、心理教育、SSTについて説明する
滝澤毅矢
8
問題に介入する(4)コミュニティにおける相談活動
スクールカウンセリング、教育相談などについて説明する
滝澤毅矢
9
問題に介入する(4)コミュニティにおける相談活動
被害者相談、EAP、ターミナルケアなどについて説明する
滝澤毅矢
10
臨床心理学研究
臨床心理学研究における課題、質的研究、量的研究について説明する
滝澤毅矢
11
臨床心理学研究
質的研究の技法、量的研究の技法について説明する
滝澤毅矢
12
臨床心理学研究
認知心理学、神経心理学、社会心理学などにおける研究について説明する
滝澤毅矢
13
社会的専門性
臨床心理活動や関連組織。心理専門職としての職責について説明する
滝澤毅矢
14
社会的専門性
心理専門職としての倫理や関連法規、職域と社会的連携について説明する
滝澤毅矢
15
社会的専門性
5領域(教育、医療、福祉、司法、産業)について説明する
滝澤毅矢
到達目標
主要な心理療法について理解し、説明できる。教育・医療・産業・福祉・司法の各領域において、心理療法や心理的支援の視点を活かすために、心理職や他職種の活動内容を説明できる。また、心理職の視点として必要とされる社会的責任、倫理、自己研鑽、セルフケアについて説明できる。
評価方法
評価は、授業での発表(50%)、授業への積極的な参加(50%)の総合評価とする。なお、欠席は減点する。
準備学習
(予習・復習等)
事前に講義内容について目を通してくること。各講義ごとに、教科書や参考書などを用いて十分に復習し、自分で内容を説明できるようにすること。各回ごとに1~2時間程度の予習と復習が必要である。
授業外学習時間:計60時間
その他注意等
講義では「よくわかる臨床心理学(改訂新版)」ミネルヴァ書房を使用するため、事前に購入して、必ず持参すること。その他の参考書については、適宜講義内で紹介する。
教科書
下山晴彦(編)「よくわかる臨床心理学(改訂新版)」ミネルヴァ書房
参考書
適宜講義内で紹介