学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > (11)臨床心理学コース >  臨床心理面接特論Ⅰ(心理支援に関する理論と実践)

(11)臨床心理学コース

 

科目名:臨床心理面接特論Ⅰ(心理支援に関する理論と実践)

英文名
Clnical Interview for Psychological Practice I
科目概要
修士課程 臨床心理学コース 2単位
開講期
2021年度 前期
科目責任者
生地 新
担当者
生地 新
授業の目的
臨床心理面接法Ⅰでは、臨床心理学の実践における面接の進め方や面接者のとるべき態度、力動的心理療法や認知行動療法、集団精神療法におけ基礎的な知識を獲得することが目標である。本科目は、臨床心理学コース在籍者のみ受講可能である。
教育内容
本講義では、臨床心理面接に関する教科書や基本的文献を読みながら、大学院生が疑問点や他の文献等で調べたことを報告し、それについて教員が説明を加えるという方法で進められる。臨床心理面接の前のアセスメントやケース報告のしかた、面接の始め方など、どの学派や方法にも通じる基礎的な知識や考え方をまず学ぶ。その上で、力動的心理療法、認知行動療法、集団精神療法などの方法についても基礎的な理論や方法を学ぶ。
教育方法
文献の講読と小グループによる討論を中心とした講義である。文献についてのレポートを提出してもらい、その内容をもとに討論を行う。それぞれのレポートの内容については、講義中に院生から出された疑問点や意見にコメントするとともに、個別にメールで院生の疑問点への回答やさらに学習を深めると良い点についてフィードバックを行う。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
心理療法を始める前に
初心者の期待と混乱と不安
生地 新
2
専門家としての責任
倫理と自己紹介
生地 新
3
初回面接の準備
情報の収集のしかた
生地 新
4
初回面接
初回面接の始め方
生地 新
5
初回面接2
初回面接の進め方と終わり方
生地 新
6
コンサルテーション
他の専門家との連携
生地 新
7
スタッフ会議への報告
情報のまとめ方と報告のしかた
生地 新
8
治療セッションの進め方
見立てと契約、セッションの進め方
生地 新
9
より高度な介入技法
心理療法の介入のレベルと治療同盟
生地 新
10
危機的状況にあるクライエント
緊急時の対応・自殺しそうな場合
生地 新
11
終結
終結のしかたと紹介のしかた
生地 新
12
記録をとる
記録保存の意義と書き方
生地 新
13
認知行動療法におけるアセスメント
行動分析と認知療法の技法
生地 新
14
認知行動療法の技法
暴露反応妨害法と応用行動分析
生地 新
15
集団精神療法の技法
集団療法のプロセスと効果
生地 新
到達目標
面接や検査に関するインフォームドコンセントの方法、心理学的な問題の把握の方法、クライエントを受け入れる際や初回面接で配慮すべきこと、ケースカンファレンスのレジュメの書き方、報告書の書き方、他の専門家との連携のしかた、認知行動療法や集団精神療法の技とについての基本的な知識を獲得することが到達目標である。
評価方法
レポート内容(50%)と講義中の質疑応答・討論内容(50%)によって総合的に評価する。単位認定には15回中11回以上の出席が一つの条件になる。
準備学習
(予習・復習等)
各回の内容について、事前にテキストで予習し、講義の後に復習することが望ましい。内容によっては、事前に関連する文献を読む必要もある。準備学習(予習・復習)の時間は、各回について1~2時間が必要と考えられる。
その他注意等
特になし
教科書
J.Sザロら著:心理療法入門―初心者のためのガイド、誠心書房、1987.
参考書
土居健郎著:新訂 方法としての面接-臨床家のために、医学書院、1992.