学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > (11)臨床心理学コース >  臨床心理面接特論Ⅱ

(11)臨床心理学コース

 

科目名:臨床心理面接特論Ⅱ

英文名
Clinical interview in psychological practice Ⅱ
科目概要
修士課程 臨床心理学コース 2単位
開講期
2021年度 通年
科目責任者
岩滿優美
担当者
岩滿優美
授業の目的
心理面接実施の心構え(面接の始め方、終結の仕方、守秘義務)をはじめとして、基本的な面接技法について確認したうえ、その応用技法や統合について理解し、定義したり実際に用いることができる。防衛、多弁といった対応の難しいクライエントについて理解し、その対処について学ぶ。
教育内容
心理面接の始め方、終わり方、目標設定、守秘義務などを説明する。個々の面接技法(基本・応用)、防衛や多弁といった対応の難しいクライエントの特徴とその対処方法をについて理解する。
教育方法
主に、指定の教科書を用いて、各自の発表と講義形式によりすすめる。個々の面接技法(基本・応用)について説明した後、ロールプレイ、グループワーク、グループ発表を行う。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
傾聴について
基本的傾聴技法について説明する(ロールプレイ含む)
岩滿優美
2
基本的傾聴技法1
質問法、明確化について説明する(ロールプレイ含む)
岩滿優美
3
基本的傾聴技法2
要約技法、感情の反映について説明す(ロールプレイ含む) 
岩滿優美
4
技法の統合
各技法について振り返る(ロールプレイ含む)
岩滿優美
5
意味の探索、面接の意図性
意味の探索と面接の意図性について説明する(ロールプレイ含む)
岩滿優美
6
積極技法
指示、論理的帰結、解釋、情報提供について説明する
岩滿優美
7
対決技法
対決技法について説明する
岩滿優美
8
面接における目標の達成
面接目標のための基本概念について説明する
岩滿優美
9
援助過程を構成する諸段階1
援助理論や援助のための関係について説明する
岩滿優美
10
援助過程を構成する諸段階2
面接の第1、第2段階について説明する
岩滿優美
11
援助過程を構成する諸段階3
面接の第3段階と終結について説明する
岩滿優美
12
初心者が直面する問題1
初心者が抱く恐れ、転移と逆転移について説明する
岩滿優美
13
初心者が直面する問題2
難しいクライエントに取り組むことについて説明する
岩滿優美
14
事例場面
事例場面から、面接技法について学ぶ
岩滿優美
15
心理面接のまとめ
心理面接についてふりかえりを行う
岩滿優美
到達目標
面接技法(基本・応用)について学習し、実際にその技法を定義したり用いることができる。面接を実施するために留意する点について必要な知識を習得する。さらに、対応の難しいクライエントの特徴を理解し、対処方法を学ぶ。
評価方法
評価は、授業での発表やロールプレイの状況(50%)、授業への積極的な参加(50%)の総合評価とする。なお、欠席は減点する。
準備学習
(予習・復習等)
自分のコミュニケーションスタイルについて客観的にとらえるよう日頃から心がける。講義で学んだ技法は十分に復習し、日常生活においても実践し、習得できるようにする。各回ごとに1~2時間程度の予習と1~2時間程の振り替えり・復習が必要である。
その他注意等
講義では教科書を用いて行うため、必ず購入して持参すること。本講義は、臨床心理学コース在籍者のみ受講可能である。
教科書
①マイクロカウンセリング“学ぶ-使う―教える”技法の統合:その理論と実際、アレン・E・アイビイ(著) 福原真知子(訳編) 精神書房、②臨床心理学レクチャー 心理援助の専門職になるために マリアン・コーリィ、ジェラルド・コーリィ(著)、下山晴彦(監訳) 金剛出版
参考書
特に指定しない