学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > (11)臨床心理学コース >  臨床心理査定演習Ⅱ

(11)臨床心理学コース

 

科目名:臨床心理査定演習Ⅱ

英文名
psychological assessment practiceⅡ
科目概要
修士課程 臨床心理学コース 2単位
開講期
2021年度 後期
科目責任者
岩滿優美
担当者
滝澤毅矢・深瀬裕子
授業の目的
臨床心理の専門家として,投影法および作業検査法による性格検査、症状評価を用いた心理的アセスメントの意義を理解し,これらに関する理論と方法を学び,心理に関する相談、助言、指導等に応用することができる。
教育内容
投影法、作業検査法、症状評価の実施および心理所見の作成方法を説明する。
教育方法
心理検査の実習、発表、解説により行う。またグループワークとグループ発表も適宜行う。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1・2
主題統覚検査の意義と理論
主題統覚検査の意義と理論について解説する
深瀬裕子
3・4
主題統覚検査の実施と心理所見の作成
主題統覚検査の実施と心理所見の作成を行う
深瀬裕子
5・6
P-Fスタディの意義と理論
P-Fスタディの意義と理論について解説する
深瀬裕子
7・8
P-Fスタディの実施と心理所見の作成
P-Fスタディの実施と心理所見の作成を行う
深瀬裕子
9・10
文章完成法テストの意義と理論
文章完成法テストの意義と理論について解説する
深瀬裕子
11・12
文章完成法テストの実施と心理所見の作成
文章完成法テストの実施と心理所見の作成を行う
深瀬裕子
13・14
風景構成法の理論と実施
風景構成法について解説し,実施する
滝澤毅矢
15・16
HTPP法、S-HTP法の理論と実施
HTPP法、S-HTP法について解説し,実施する
滝澤毅矢
17・18
バウムテストの理論と実施
バウムテストについて解説し、実施する
滝澤毅矢
19・20
人物画テストの理論と実施
人物画テストについて解説し、実施する
滝澤毅矢
21・22
描画法の心理所見の作成
描画法の心理所見の作成を行う
滝澤毅矢
23・24
内田クレペリン検査の理論と実施
内田クレペリン検査について解説し,実施する
滝澤毅矢
25・26
テストバッテリーについて
テストバッテリーの考え方について解説する
滝澤毅矢
27・28
CMI、統合失調症、気分障害、躁病の評価尺度の理論と実施
CMI、統合失調症、気分障害、躁病の評価尺度について解説し,実施する
滝澤毅矢
29・30
心理所見作成
複数の心理検査について心理所見を作成する
滝澤毅矢
到達目標
投影法および作業検査法による性格検査、症状評価について
1)その意義と理論を説明できる。
2)実施し,心理に関する相談、助言、指導等に応用することができる。
評価方法
評価は心理所見作成を含めたレポート(30%)、発表(30%)、授業への積極的な参加(20%)、心理検査実施状況(20%)の総合評価とする。なお、欠席は減点する。レポートに対するフォードバックは授業時間内に行う。
準備学習
(予習・復習等)
参考書や文献、心理検査の解釈の本などで、事前にそれぞれの心理検査について勉強しておくこと。各心理検査を学んだ後は、しっかりと復習し、実際に心理検査を実施できるように何度も練習を行うこと。各回ごとに1~2時間程度の予習と復習が必要である。授業外学習時間:60時間
その他注意等
本実習は臨床心理学コース在籍者のみ受講可能である。
教科書
特に設けない
参考書
●臨床心理査定学(岡堂哲雄(編))、臨床心理査定技法1(下仲順子(編))、臨床心理査定技法2 (皆藤 章(編))、誠信書房。