学修要項(シラバス)

(11)臨床心理学コース

 

科目名:心理統計学

英文名
psychological statistics
科目概要
修士課程 臨床心理学コース 2単位
開講期
2021年度 後期
科目責任者
田中克俊
担当者
田中克俊
授業の目的
統計学の基本的な考え方から最近の解析方法まで学び、研究資料や学術論文で用いられている統計記述について十分理解できるようになるとともに、研究論文において適切な統計学的記述が出来るようになる。
教育内容
検定と推定の基本事項,95%信頼区間,各種単変量解析及び多変量解析の理論と実践の他,論文における統計の記述方法について説明する
教育方法
配布資料とパワーポイントによってWEBによる双方向型のオンラインライブ講義を行う。テーマに応じた事例検討やグループディスカッションを行う(全15回)。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1
検定と推定1
単変量解析の検定と推定
田中克俊
(オンライン)
2
95%信頼区間
95%信頼区間の理解
田中克俊
(オンライン)
3
効果量
様々な効果量について
田中克俊
(オンライン)
4
基本統計1
単変量解析
田中克俊
(オンライン)
5
基本統計2
単変量解析
田中克俊
(オンライン)
6
一般化線形モデル1
多変量解析の基礎、一般化線形モデルの基礎
田中克俊
(オンライン)
7
一般化線形モデル2
一般化推定方程式の理解
田中克俊
(オンライン)
8
一般化線形モデル3
一般化推定方程式の理解
田中克俊
(オンライン)
9
線形混合モデル
線形混合モデルの理解
田中克俊
(オンライン)
10
線形混合モデル
線形混合モデルの理解
田中克俊
(オンライン)
11
共分散構造分析
共分散構造分析の理解
田中克俊
(オンライン)
12
統計ソフトの利用方法
SPSSを使ったデモンストレーション
田中克俊
(オンライン)
13
統計ソフトの利用方法
SPSSを使ったデモンストレーション
田中克俊
(オンライン)
14
統計ソフトの利用方法
SPSSを使ったデモンスとレーション
田中克俊
(オンライン)
15
まとめと質疑応答
これまでのまとめと質疑応答
田中克俊
(オンライン)
到達目標
各種統計方法について理解を深め、自分が得たデータに関して適切な統計解析方法の選択、正しい解析と結果の解釈ができるようになる。
評価方法
授業態度(70%)、実習における態度・理解度の評価(30%)
準備学習
(予習・復習等)
学部で学習した統計学の復習をしておくこと(5時間)。講義後も講義資料を見直しながら重要事項について復習すること(計30時間)。
その他注意等
臨床心理コース生のみ限定。オンライン講義はZOOMを使用する。受講方法の詳細は履修者にメールで通知する。
教科書
特に指定しない(教員が作成した配布資料を用いる)
参考書
特に指定しない