学修要項(シラバス)

(11)臨床心理学コース

 

科目名:臨床心理実習Ⅱ

英文名
Practical Training in Clinical Psychology II
科目概要
修士課程 臨床心理学コース 1単位
開講期
2021年度 通年
科目責任者
生地 新
担当者
生地 新・村上尚美・石塚昌保
授業の目的
多様な形式のスーパービジョンを通して,心理に関する支援を要する者等に関する①コミュニケーション、心理検査、心理面接、地域支援等の知識及び技能,②ニーズの把握と支援計画の作成,③臨床心理の専門家としての職業倫理及び法的義務を修得,理解する。
教育内容
面接,検査について、施行上の注意点、倫理的な配慮、内容の理解などに関して、きめ細かく教示する。グループの設定の場合は、他の院生や教員との討論も行われる。精神分析理論や学習行動理論(応用行動分析を含む)、集団力動、静テムズアプローチ、認知理論のそれぞれの視点からの理解、それぞれの心理療法の基本的な技法などについても、事例に則して指導する。
教育方法
個人もしくはグループでの事例のスーパービジョンやケースカンファレンスの形での教育が行われる。個人スーパービジョンは、事例について、一回ごとの面接もしくは検査について一対一の設定で指導を行う。グループでのスーパービジョンでは,事例提示者以外の院生も討論・意見交換に参加する。
授業内容(シラバス)
項 目
内 容
担当者
1~5
インテーク面接
インテーク面接について多様な形式のスーパービジョンを行う。
生地 新
村上尚美
6~15
心理検査
心理検査について多様な形式のスーパービジョンを行う。
生地 新
石塚昌保
15~30
継続面接
継続面接について多様な形式のスーパービジョンを行う。
生地 新
村上尚美
到達目標
1)臨床心理の専門家としての職業倫理及び法的義務について具体的に説明できる。
2)心理検査、心理面接、ニーズの把握と支援計画の作成を実践できる。
評価方法
実習報告書(50%)とスーパービジョンでのレポート(50%)によって評価する。
準備学習
(予習・復習等)
各実習の内容について、あらかじめテキストやそれに準ずる書籍で予習し、実習の後に復習することが
望ましい。必要な時間数は実習内容によって異なるので、ここに明記はできない。
その他注意等
特になし
教科書
指定なし
参考書
指定なし