学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(5)医科学専攻修士課程 > 環境医科学群 労働衛生学演習

演習科目(5)医科学専攻修士課程

環境医科学群

単位数
4単位
科目名
労働衛生学演習
科目責任者
堤 明純
担当者
堤 明純・堀口兵剛・可知悠子・引地博之・渡辺和弘・大森由紀・武藤 剛
授業の目的
労働衛生(労働者の健康影響)についての問題解決技法(研究方法論)を学ぶ。
教育内容
自ら携わる調査・実験に関する研究遂行過程(先行研究のレビューや解析結果)のプレゼンテーションを基に議論する。必要によりウェブによるオンライン指導を行う。
到達目標
労働衛生(労働者の健康影響)について、リサーチクエスチョンをたて、問題解決のための研究計画をたてることができる。
準備学習
(予習・復習等)
授業時間外の学習時間:120時間
自らの興味、研究課題についての、研究遂行状況に基づいて適宜準備をさせる。講義テーマについて、自分なりの問題意識や質問事項を携えて講義に臨み、積極的に質問や議論できるよう心がけてください。
成績評価基準
評価は、授業への積極的な参加・貢献を主体とする平常点(100%)で総合評価します。評価に関わる授業中の発言や疑問については、授業時間内でフィードバックします。なお、欠席は減点する。