学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(5)医科学専攻修士課程 > 分子病態学群 分子薬理学演習

演習科目(5)医科学専攻修士課程

分子病態学群

単位数
4単位
科目名
分子薬理学演習
科目責任者
天野英樹
担当者
天野英樹
授業の目的
病気の成り立ちについて、専門的な意義付けができ、適切な研究手段を用いて病因解析が出来る考え方を身に付けた人材を育成する。
教育内容
病態を成立させる生体内の要因につき理解を深め、その内容を発表し、正確に伝達する技能と経験を身に付けられるよう指導する。
到達目標
薬理学の基本概念及び生体内生理活性物質に関する知識の習得および病態モデルの理解。
準備学習
(予習・復習等)
関連する解剖学、生化学、生理学の領域を復習しておくこと。
成績評価基準
複数の実験手技を身に付け、生命科学に関する英語論文を理解し、自身の研究内容を発表できることを持って評価する。