学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(5)医科学専攻修士課程 > 感覚・運動統御医科学群 言語聴覚情報科学演習

演習科目(5)医科学専攻修士課程

感覚・運動統御医科学群

単位数
4単位
科目名
言語聴覚情報科学演習
科目責任者
石坂郁代
担当者
石坂郁代・堀口利之・佐野 肇・東川麻里・原 由紀・村上 健・秦 若菜・水戸陽子
授業の目的
人間の音声・言語・聴覚機能に関する科学的知識を実践に応用するための知識と技能を養成する。
教育内容
文献検討および実験・臨床の見学や実施を通して,研究者または臨床家に必要な高度な専門性を身につけさせる。
到達目標
講義はパワーポイントや視聴覚教材を使用する。ディスカッションの時間を設け,双方向型の授業を行う。
準備学習
(予習・復習等)
言語・コミュニケーション障害に関して,仮説検証の方法論を習得するとともに,研究成果を公開できる。
成績評価基準
修士論文作成にあたり,必要な文献の検討,調査の準備,調査の進め方,データの分析等について,あらかじめ教員と検討する事項について整理し,自分の観点をまとめておくようにしてください。授業時間外の学習時間:120時間