学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(5)医科学専攻修士課程 > 感覚・運動統御医科学群 機能回復学演習

演習科目(5)医科学専攻修士課程

感覚・運動統御医科学群

単位数
4単位
科目名
機能回復学演習
科目責任者
福田倫也
担当者
福田倫也
授業の目的
リハビリテーションによる障害後の機能回復の現状および将来像を客観的なデータに基づいて評価することができる人材を育成すること。
教育内容
1.感覚・運動障害および高次脳機能障害のリハビリテーションに関する最新の知見を学習する。
2.リハビリテーション効果の客観的評価方法を学習する。
到達目標
リハビリテーション効果の評価に関する学習成果を研究および実臨床に活かすこと。
準備学習
(予習・復習等)
1.あらかじめ、関連する基礎医学的知識を整理して演習に臨むこと。
2.演習後、研究を遂行する際の関連項目に関してまとめること。
授業時間外の学習時間:60時間
成績評価基準
毎回のレポートにより判定する。