学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(5)医科学専攻修士課程 > 医療人間科学群 発達精神医学演習

演習科目(5)医科学専攻修士課程

医療人間科学群

単位数
4単位
科目名
発達精神医学演習
科目責任者
生地 新
担当者
生地 新
授業の目的
 発達精神医学および臨床心理学における基本的な問題の認識と研究方法についての理解を得ること、研究者としての基本的な姿勢や倫理を学び、自らの研究テーマを模索する能力を育成することを目標とする。
教育内容
 研究方法についての学術論文を読み、発達精神医学や臨床心理学の研究で採用されている仮説や研究方法についてのレポートを作成し報告するゼミ形式の演習を行う。ゼミでは大学院生の自発的な討論を重視する。
到達目標
 臨床上の疑問から出発して、どのような対象にどのような方法で研究を行うかを決め、具体的研究計画を一人で立てられるようになることと、研究倫理や統計学、質的研究法の基本的知識を身につけることが到達目標である。
準備学習
(予習・復習等)
 事前に発表内容のレジュメを作成するために文献を読むためや自分の研究の結果についてまとめるために予習の時間が必要である。準備学習に必要な時間は、各回について3時間程度と考えられる。
成績評価基準
 演習のレポート(40%)や演習での口頭発表(30%)や討論の内容(30%)をもとにして総合的に評価する。なお、欠席は減点する。