学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(博士課程基礎系)(6)医学専攻博士課程 > 生体構造医科学群 応用腫瘍病理学演習

演習科目(博士課程基礎系)(6)医学専攻博士課程

生体構造医科学群

単位数
6単位
科目名
応用腫瘍病理学演習
科目責任者
長塩 亮
担当者
古田玲子・土屋紅緒・長塩 亮・西村由香里・阿部直也・朽津有紀
授業の目的
腫瘍の分子病理学的、臨床細胞学領域の基礎的知識から最新のトピックスまでを理解し、解決すべき領域を抽出し適切な研究計画を立案し、研究遂行、論文の作成までを主体的に出来る研究者の育成を目標とする。
教育内容
学生それぞれの研究テーマに沿った最新のジャーナルを読み、その要点と自分の研究との関連性を中心に発表する。研究の進行状況を定期的に発表させ、期間内に原著論文として採択されるよう指導する。
到達目標
自分の研究分野の最新のジャーナルを読み、客観的に評価出来る知識を習得する。研究内容を分かりやすく発表すると同時に、英文論文として発表するための様々な知識を修得できる。
準備学習
(予習・復習等)
日常的に自分の研究分野に関するジャーナルを読むこと。
成績評価基準
自分の研究領域に関連した英語論文の読解力、当を得た研究発表の程度、質疑応答に対する回答内容等を換算して総合的に評価する。なお、欠席は減点する。