学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(博士課程基礎系)(6)医学専攻博士課程 > 生体構造医科学群 生体反応病理学演習

演習科目(博士課程基礎系)(6)医学専攻博士課程

生体構造医科学群

単位数
6単位
科目名
生体反応病理学演習
科目責任者
村雲芳樹
担当者
村雲芳樹・一戸昌明・櫻井靖高・加藤琢哉・眞山到・星野昭芳
授業の目的
分子生物学的解析、病理学的解析法、実験動物を用いた研究について理解し、病態をミクロのレベルで思考する能力を養う。学んだ実験手技を用いて、問題を解決していく科学的思考力を身につける。
教育内容
分子生物学的実験手技、病理学的解析法、動物実験の手法を学び、主に発癌の病態に関する研究テーマを与えて、各自で実験計画を立て研究を進める。最後に研究内容についての発表を行う。また、自分の研究テーマに関する学術論文を捜して読み、教室の抄読会にて発表する。
到達目標
分子生物学的研究手法を理解する。学術論文を読み内容を説明できる。
準備学習
(予習・復習等)
毎回の演習内容の復習(約1時間)
成績評価基準
授業への積極的な参加(50%)と発表内容(50%)の総合評価とする。なお、欠席は減点する。