学修要項(シラバス)

演習科目(博士課程基礎系)(6)医学専攻博士課程

分子病態学群

単位数
6単位
科目名
分子血液学演習
科目責任者
堀江良一
担当者
堀江良一・佐藤隆司
授業の目的
基礎研究がどのようにして治療法の開発に役立っているかを学び、研究の意義を理解する。
教育内容
論文紹介を通して、その論文の新規性、知見の臨床応用の可能性、問題点などを討論する。
到達目標
学術論文の解説ができるようになると同時に受講生のテーマとの関連で、臨床応用の可能性、問題点などを述べることができるようになる。
準備学習
(予習・復習等)
入学決定時に事前に配布する文献を通読しておく。
成績評価基準
評価は論文のプレゼンテーション、質疑応答への積極的参加の総合評価とする。なお、欠席は減点する。