学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 演習科目(博士課程基礎系)(6)医学専攻博士課程 > 感覚・運動統御医科学群 リハビリテーション科学演習

演習科目(博士課程基礎系)(6)医学専攻博士課程

感覚・運動統御医科学群

単位数
6単位
科目名
リハビリテーション科学演習
科目責任者
石坂郁代
担当者
石坂郁代・堀口利之・佐野 肇・東川麻里・原 由紀・村上 健
授業の目的
人間の言語・コミュニケーションに関する科学的知識を実践に応用するための高度な知識と技能を養成する。
教育内容
文献検討および実験・臨床の見学や実施を通して、実証的に研究を遂行する方法を学び、自ら研究を遂行する。
到達目標
ディスカッションを中心とした双方向型の授業で,問題解決型学習を行う。
準備学習
(予習・復習等)
言語・コミュニケーション障害に関して、幅広い知見を知り、根拠に基づいた科学的考察の方法を身につけるとともに、研究成果を公開できる。
成績評価基準
言語・コミュニケーション障害の最新の研究動向について文献等で十分に検討しておくこと。準備学習に必要な時間は180時間。