学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 実習科目(博士課程臨床系)(7)医学専攻博士課程 > 臨床医科学群(内科系) 循環器内科学実習

実習科目(博士課程臨床系)(7)医学専攻博士課程

臨床医科学群(内科系)

単位数
8単位
科目名
循環器内科学実習
科目責任者
阿古潤哉
担当者
阿古潤哉・庭野慎一・青山直善・下浜孝郎・東條美奈子・目黒健太郎
授業の目的
心臓血管系の疾患のメカニズムを探索し、新たな循環器診療を確立する。
教育内容
心臓血管系の病態生理を実験動物ないしはヒトにおいて多面的・包括的に探索し、新しい診断・治療・予防法を見つけ出す。
到達目標
心血管系の病態モデルを理解する。循環器内科学の研究手法を、in vivo、in vitroともにやり方を理解できる。またそのうちいくつかの手法には習熟する。
準備学習
(予習・復習等)
医学英語の基礎知識と分子生物学の基礎知識を持っていることが望ましい。
成績評価基準
カンファレンスでの発表内容や、投稿論文、学会発表などの学術内容により判断する。