学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 実習科目(博士課程臨床系)(7)医学専攻博士課程 > 臨床医科学群(内科系) 腎臓内科学実習

実習科目(博士課程臨床系)(7)医学専攻博士課程

臨床医科学群(内科系)

単位数
8単位
科目名
腎臓内科学実習
科目責任者
学群長(代行)
担当者
未定
授業の目的
1.腎臓による体液の恒常性維持機構を解析する研究手技の修得
2.水・電解質異常を呈する病態を評価す新たなバイオマーカーの同定
教育内容
1.尿細管機能制御に関わる新たな生理学的知見について
2.膜輸送体制御機構を解析する分子生物学的なアプローチ法
3.クロライドチャネルと機能的に共役する新たな分子の同定と解析法
到達目標
1.膜輸送体の新たな制御機構に関する論文を完成させる。
2.研究成果を実臨床の診断や治療に応用発展させる。
準備学習
(予習・復習等)
腎臓生理学の基礎的な知識と最近のアップデートについて予習する。
水・電解質異常をもたらす疾患の病態生理について教科書的なレベルで理解しておく。
成績評価基準
評価はレポート、授業への積極的な参加の総合評価とする。なお、欠席は減点する。