学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 実習科目(博士課程臨床系)(7)医学専攻博士課程 > 臨床医科学群(内科系) 呼吸器内科学実習

実習科目(博士課程臨床系)(7)医学専攻博士課程

臨床医科学群(内科系)

単位数
8単位
科目名
呼吸器内科学実習
科目責任者
横場正典
担当者
横場正典
授業の目的
呼吸生理学、呼吸器形態学・画像診断学、呼吸器疾患病態生理学、臨床呼吸機能生理検査学、呼吸器疾患治療学を基盤に、呼吸器病学と呼吸機能検査学を幅広く習得する。これらから、現在の臨床における呼吸器疾患の問題点を理解・整理し、研究対象となる課題を導き、研究方法、結果の検討、考察、発表の過程を自ら展開可能となる研究者を育成する。
教育内容
1.呼吸生理学の概説
2.呼吸器疾患の病態生理学の概説
  ・呼吸器感染症・COPD・気管支喘息・間質性肺疾患
  ・睡眠呼吸障害など
3.呼吸機能検査、呼吸器画像診断の概説
4.呼吸器疾患の治療の概説
5.呼吸器疾患における診療
6.呼吸器病学に関する研究を展開するための臨床研究または実験的研究の解説とその実践
項目毎に課題を発表し、レポートを作成する。発表に際しては研究室内で討論する。また、自分の研究課題については定期的に報告する。
到達目標
1.呼吸器疾患を呼吸生理学的変化から疾患の評価ができ、それをもとに治療展開を考えることができる。
2.換気力学やガス交換などの呼吸生理学を中心に、呼吸器疾患に関する臨床研究・実験研究を展開することができる。
準備学習
(予習・復習等)
1.呼吸器疾患を呼吸生理学的変化から疾患の評価ができ、それをもとに治療展開を考えることができる。
2.換気力学やガス交換などの呼吸生理学を中心に、呼吸器疾患に関する臨床研究・実験研究を展開することができる。
成績評価基準
課題レポート(6回)と抄読会・プレゼンテーション(6回)の内容により評価する。日常の研究への姿勢や学習態度も考慮する。