学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(8)医科学専攻修士課程 > 生体構造医科学群 分子細胞生物学

特別研究(8)医科学専攻修士課程

生体構造医科学群

単位数
10単位
科目名
分子細胞生物学
科目責任者
阪上洋行
担当者
阪上洋行・深谷昌弘・原 芳伸・菅原健之
授業の目的
研究者としての基礎的能力の習得(研究立案能力、実験データ習得・解析能力、考察力、プレゼンテーション能力)
教育内容
1.シナプス可塑性における低分子量G蛋白質Arfによる小胞輸送経路の機能解明
2.大脳皮質発達期の神経細胞移動における低分子量G蛋白質Arfによる小胞輸送経路の機能解明
3.先天性知的障害の原因遺伝子IQSEC2/BRAG1のシナプス機能の解明
4.記憶学習の臨界期制御に関わる分子の解析
5.幼弱期における記憶学習の成立機構の解明
到達目標
1.研究領域の現状と問題点を理解できる。
2.重要な未解決問題を見出す事ができる。
3.研究仮説を立て、研究計画を立案できる。
4.問題解決のための実験手法の原理を理解し、正確なデータを習得できる。
5.データを的確に解析し、結果の意義を考察できる。
6.結果を論理的にプレゼンテーション及び論文としてまとめることができる。
準備学習
(予習・復習等)
関連分野を検索し、論文を精読すること。
成績評価基準
レポートおよび口頭発表での内容、理解度、実験手技の習得度などを総合的に評価する。