学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(8)医科学専攻修士課程 > 分子病態学群 生体制御生化学

特別研究(8)医科学専攻修士課程

分子病態学群

単位数
10単位
科目名
生体制御生化学
科目責任者
市川尊文
担当者
市川尊文・川島 麗・川上文貴・前川達則・小島史章
授業の目的
消化管における神経系と免疫系の重要性を説明できる
教育内容
1.実験的消化管粘膜傷害に伴う粘液変動に関する検討
2.消化管粘膜内の神経細胞におけるプロテインキナーゼの役割の解明
3.炎症性腸疾患における免疫学的背景の解明
到達目標
消化管の持つ機能とその病態生理には密接な関係があることを理解し、実験動物において神経系や免疫系とのつながりを把握することを目標とする。
準備学習
(予習・復習等)
消化管の正常な構造について、解剖学や生理学の教科書で復習しておくこと。
成績評価基準
評価は口頭試問、授業への積極的な参加の総合評価とする。なお、欠席は減点する。