学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(8)医科学専攻修士課程 > 分子病態学群 分子薬理学

特別研究(8)医科学専攻修士課程

分子病態学群

単位数
10単位
科目名
分子薬理学
科目責任者
天野英樹
担当者
熊谷雄治・天野英樹・伊藤義也・細野加奈子
授業の目的
薬物の作用の基本を理解し治療法の妥当性を吟味できるようにする。
教育内容
1.高血圧発症機序の分子生物学的検討(ノックアウトマウス、ミュータントラットを用いた検討)
2.病態時の血管新生におけるサイトカイン、成長因子の役割の解析研究(病態時におけるアラキドン酸代謝物、神経ペプチドの役割の解明)
到達目標
病態治療に用いる薬物の作用機序の知識を深め、病態モデルでの生理活性物室の役割を理解する
準備学習
(予習・復習等)
関連する解剖、生理、生化学の知識を整理しておくこと。
成績評価基準
学習態度、出席を評価すると同時に、レーポート課題を出して、総合的に評価を行う。