学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(8)医科学専攻修士課程 > 感覚・運動統御医科学群 スポーツ・運動器理学療法学

特別研究(8)医科学専攻修士課程

感覚・運動統御医科学群

単位数
10単位
科目名
スポーツ・運動器理学療法学
科目責任者
高平尚伸
担当者
高平尚伸・渡邊裕之
授業の目的
スポーツ外傷・障害の病態の把握、診断、外科的治療法、リハビリテーションに関する知識を修得する。
教育内容
1.スポーツ外傷・障害に対する新しい治療体系の開発
2.スポーツ外傷・障害の予防法に関する研究
3.超音波画像診断装置を用いた運動器の形態、機能学的な研究
到達目標
スポーツ外傷・障害を対象とする運動器疾患の病態と治療法について理解し、説明することができる。討論の場において積極的に参加することができる。
準備学習
(予習・復習等)
不明な運動器関連の解剖学的用語や専門用語を事前に学習しておくこと。専門外の領域においても事前に調べ、疑問点について質問ができるようにしておくこと。スポーツ運動器理学療法学を中心とする英語論文をキーワードからweb検索して当該論文を準備しておくこと。
成績評価基準
ゼミ回数の年間15回と、1年目では中間発表と国内での学会発表、2年目では中間発表と国内あるいは国際学会での発表と最終発表で評価する。なお、ゼミヘの欠席は減点する。社会人選抜では要相談とする。