学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(9)医学専攻博士課程 > 生体構造医科学群 生体構造学

特別研究(9)医学専攻博士課程

生体構造医科学群

単位数
12単位
科目名
生体構造学
科目責任者
小川元之
担当者
小川元之・玉木英明・三浦正明・新井雄太・勝村啓史
授業の目的
専攻する臨床・基礎医学に基づき、新たな検査・治療の手技やディバイスの開発にあたり、ご遺体を用いた臨床解剖を行うことで、患者さんに安心して受診して頂ける医療を目指す。
教育内容
①新たな検査・治療の手技やディバイスの考案
②ご遺体を用いた臨床解剖の計画・実行
到達目標
自分自身で実験を計画し、得られたデータを適切な解析方法で解析し、学問的背景を前提とした解釈を与える力を身につける
準備学習
(予習・復習等)
各自の研究に関連する英文原著論文を読み、研究テーマ計画し、指導教官とディスカッションしながら研究計画を作成する。
成績評価基準
(1)研究計画立案能力、(2)計画遂行力、(3)データ解析力、(4)データから議論を如何に深く広げることができるか、その能力をもって成績評価基準とする