学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(9)医学専攻博士課程 > 生体構造医科学群 細胞・組織病理学

特別研究(9)医学専攻博士課程

生体構造医科学群

単位数
12単位
科目名
細胞・組織病理学
科目責任者
高橋博之
担当者
高橋博之
授業の目的
研究テーマが病理学的手法によってどのように展開されるかを理解させる。さらに、研究成果が社会にどのように還元されるか、また、原著論文作成にあたり何が必要かを考えさせる。
教育内容
1.放射線化学療法後の進行直腸癌の臨床病理学的研究
2.進行大腸癌の臨床病理学的研究
3.海藻の生活習慣病予防についての基礎的研究
4.βアミロイドの沈着に関与する脳インスリン抵抗性の分子メカニズム解析
5.肺癌の診断と治療に有用な分子の探索とその有用性に関する研究
6.組織化学技術の開発と応用に関する研究
到達目標
病理学の基本的技術、実験手技をよく理解し、応用できるとともに、原著論文作成スキルを習得する。
準備学習
(予習・復習等)
研究内容に関連する病理学的用語、実験方法について事前に調べておくとともに、研究テーマ関連領域の国内・国外動向を把握しておくこと。
成績評価基準
研究テーマに対する理解度、実験に対する態度・熱意などで総合評価する。