学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(9)医学専攻博士課程 > 分子病態学群 分子遺伝学

特別研究(9)医学専攻博士課程

分子病態学群

単位数
12単位
科目名
分子遺伝学
科目責任者
学群長(代行)
担当者
亀山孝三・長尾和右・高山吉永
授業の目的
各自目標をもって研究をするにあたって博士課程相応の分子遺伝学の基礎知識と解析手法を会得させる。
教育内容
1.細胞死(アポトーシス)の分子機序の解明
2.高発癌性遺伝病の遺伝子解析と発症機序の解明
3.ゲノム編集に基づく遺伝病の新規治療法の開発
4.ソニックヘッジホッグシグナル伝達の解析
到達目標
各自目標をもって研究をするにあたって必要となる分子遺伝学の基礎知識と解析手法を会得する。更に自身の行った研究を専門領域の異なる研究者にもわかりやすく解析、および論文化することができる。
準備学習
(予習・復習等)
分子遺伝学に関連する参考書や教科書を復習しておく。実験手法に関しては初歩から指導するので経験の有無は問わない。
成績評価基準
研究への積極的な参加と、自身が行った研究の発表能力で評価する。