学修要項(シラバス)
 > 学修要項(シラバス) > 特別研究(9)医学専攻博士課程 > 感覚・運動統御医科学群 視覚情報科学

特別研究(9)医学専攻博士課程

感覚・運動統御医科学群

単位数
12単位
科目名
視覚情報科学
科目責任者
神谷和孝
担当者
神谷和孝・藤村芙佐子
授業の目的
眼科疾患に対する最先端の手術治療(PiXL, Hole ICL, SMILE, Fs-PK, ALK)の実際を学び、患者の術後視覚機能を正確に評価する方法を習得する。
教育内容
1.次世代屈折矯正手術の臨床応用と視機能評価
2.次世代角膜クロスリンキングの臨床応用と視機能評価
3.フェムト秒レーザーを用いた角膜移植の臨床応用と視機能評価
4.人工知能を用い円錐角膜の早期診断法の開発と進行の評価
5.人工知能を用いた前眼部疾患の診断法の開発
到達目標
最先端の手術治療を学び、その発展に寄与できる研究成果を備えた博士論文を作成できる。
準備学習
(予習・復習等)
眼手術学、眼光学、視能矯正学などの研究関連領域について、研究論文を読み準備をする。
成績評価基準
国内外の学会及び研究会での発表、研究論文の内容に基づいて総合的に評価する。